ブルー ド ジェックス

フランス・フランシュ=コンテ圏 乳種:牛乳

かつて神聖ローマ皇帝が愛したチーズ!!

美しくマーブル状に青カビが広がる、ジュラ山脈のブルーチーズです。13世紀頃にはサンクロード修道院で造られていました。1530年頃この地の支配者であった神聖ローマ皇帝のカール5世のお気に入りだったそうです。
1977年にAOP(原産地呼称統制)を取得した生産量の非常に少ないチーズで、生産農家の場所によって「ブルー・ド・ジェックス」のほかに「ブルー・ド・ジェックス・オー・ジュラ」、「ブルー・ド・セモンセル」の2つの名前を持ち、この3つの名前で一緒にAOPに登録されています。現在でも時間と手間を惜しまない昔ながらの製法で造られ、チーズの表面には必ず「GEX」の刻印がみられます。熟成期間は最低3週間。ブルーチーズの中でも珍しいお供え餅型。

奥行きある味わいの生地にかすかな苦味が感じられ、青カビ特有の香りとあいまって独特の風味を持ちます。

食べ方としては、コンテと混ぜて作るチーズフォンデュが有名です。パンや果物を添え、軽食やワインのお供に。また、サラダに散らしたり、ソースやドレッシング、キッシュやグラタンに入れて楽しむのもおすすめです。ブルーチーズ独特のクセを楽しむチーズケーキにしても。茹でたじゃがいもとあわせたり、パンにのせてトーストしても。

甘口のワインやフルーティな赤ワインほか、ポートワイン、香り高いビールなどとの相性がいいです。

テイクアウト 1050円/100g

イートイン  400円/ 一皿

価格は税込みです