キュレナンテ

p1050157
フランス・ペイ=ド=ラ=ロワール圏 乳種:牛乳

修道士から製法を伝えられた秘伝のチーズ!!

この名前の由来はこの地域の農業家が19世紀後半にサヴォワ地方にいった時に修道士(キュレ)にチーズ作りを教わったとか、フランス革命時にこの地域に逃れてきた修道士が作ったとも言われる歴史あるチーズです。

レ・クリュ(無殺菌乳)にこだわったチーズで、銅鍋を使用し、熟成はエピセア(もみの木の一種)の棚に寝かせ、週2回洗う作業を施す。普通サイズの熟成3週間後、大きいサイズは5週間後に出荷される。黄色い生地はもっちりとしており、味わいはまろやかで熟成が進むと表皮にナッツのような香りが漂うようになります。

合わせる飲み物は、やはり同じ地域でつくられる爽やかな白ワインのミュスカデ・セーブル・エ・メーヌがいいでしょう。ただ、熟成が進んだものは、華やかな赤ワインや香り高い白ワインがよく合います。


テイクアウト 2400円/ 個

イートイン  350円/一皿

価格は税込みです