マニゴディーン(農家製)

ローヌ・アルプ圏 乳種:牛乳

夏のモンドールともいわれるエピセアの香り漂うとろけるチーズ!

フランス・ジュラの熟成業者パカール社のあるアラヴィ地区のマニゴ谷が名前の由来です。アルプスの豊かな牧草を食んだ牛の無殺菌乳から朝と夕の1日2回生産され、まずは農家で1週間熟成されます。その後パカールさんの手により最低5〜7週間に亘り、25回ほど表面を洗われ熟成されます。周りをエピセアで巻かれていて、その香ばしくてクリーミーな味わいには、しっかりとしたミネラルを感じる辛口の白ワインとよく合います。


テイクアウト 1100円/100g

イートイン   400円/一皿

価格は税込みです