ブリ・ド・モー

IMG_3706
フランス・イル=ド=フランス圏 牛乳製
まさに白カビチーズの王様にふさわしい風格と風味、味わい!

「チーズの王様」の名に恥じない品格のあるチーズ!

パリからわずか50kmの場所に位置するイル・ド・フランス地方で作られるブリー・ド・モーは長い歴史をもつ。西暦774年には、かのシャルルマーニュ大帝もブリーの美味しさを褒めそやしたと伝えられています。

そして、その存在を世界に知らしめたのが1814年、欧州諸国首脳が集まったウィーン会議でのこと。会議の一環で行われたチーズコンテストにおいて、「チーズの王様」に選ばれました。

ブリー・ド・モーは国が様々な規定をし、原産地のチーズ・ワイン・食材の保護を目的として作られたAOCを取得しています。

その規定の中には、指定された産地で、子牛のレンネットと1個あたり25リットルの無殺菌乳を使用してチーズを製造しなくてはならないなどがあります。この規定によって、厳格に大きさ・風味・味わいなどが守られています。

若い時のブリー・ド・モーはミルキィでバターのような味わいがあるためシャンパンや軽めの赤ワインなどとの相性がいいですが、熟成してくるとナッツやマッシュルームの香りや野菜スープのような味わいが加わってくるため、熟成したシャンパンや重厚な赤ワインなどとの相性が良くなってきます。

チーズプラトーをする際には、ぜひ加えたい逸品です。


テイクアウト 950円/100g
イートイン 350円/ 一皿
価格は税込みです

ケソ・テティージャ

P1050051
スペイン・ガリシア地方 牛乳製
その独特なフォルムとやわらかいくてクリーミィな質感はスペインでは大人気チーズ!
タイプ:

AOPチーズ

「尼さんのおっぱい」という名のチーズ!

個性的な形をした「テティージャ」は、そのなめらかな円錐形からは“ふくよかなオッパイ”や“尼さんのオッパイ”などなど、たくさんの愛称で呼ばれています。最初からおっぱいの形を目指して作られたわけではなく、ケソ・テティージャが生まれた6世紀の修道院で、型に漏斗が使われていたことがこの形の始まりだと言われています。

スペインの西北部ガリシア地方は温暖で湿度が高く、古くから牧畜が盛んな地域。独自の文化圏をもつガリシアでは、穏やかなひとびとがチーズをつくってのんびりと暮らしています。むっちりと柔らかい食感とクリーミィな味わいはスペインでも大人気。そのままはもちろん、パイなどのお料理にもよく使われています。旬はミルクのプロテインが多くなる秋から冬にかけて。甘味と酸味のバランスのとれた優しい味わい。

爽やかな白ワインなどと共にお楽しみいただけます。


テイクアウト 770円/100g
イートイン 350円/ 一皿
価格は税込みです

ケソ・ムルシア・アル・ヴィノ

P1050055
スペイン・ムルシア州 山羊乳製
赤ワインで洗われるフルーティでクリーミィなチーズ。

ヨーグルト思わせる爽やか味わい、でもやっぱりクリーミィ♥

もともとこの地で「ムルシア」というチーズが造られます。このチーズを地元の赤ワインで洗いながら最低6週間の熟成を経たのが「ムルシア・アル・ビノ」となります。

ウォッシュカード製法により、生地はもっちりとしていますがクリーミィ、なのにヨーグルトのような爽やかな酸味が現れます。ジャムやハチミツなどにつけて食べればちょっとしたデザートになります。

また外皮の紫と生地が白のコントラストの美しさはチーズ盛り付ける時により華やかに演出できます。
地中海に面したムルシア地方、その乾燥した大地と気候では生命力の強い山羊が多く飼育されています。何世紀にも渡り重ねてきた「ムルシアーノ・グラナダイナ種」の山羊のミルクは良質で、乳糖や脂肪分が多く含まれるのが特徴。そのようなミルクなので、きめ細かな生地と甘みを含んだ繊細なチーズができあがるのです。


テイクアウト 1200円/100g
イートイン  400円/ 一皿
価格は税込みです

イディアサバル

P1050059
スペイン・ナバーラ州、バスク州 羊乳製
スモーキーな香りと独特と酸味が特徴のスペインの伝統チーズ

伝統を重んじるバスク人がつくる個性豊かなチーズ!

羊のミルクの甘みと酸味、そして軽いスモーク香が楽しめます。使用するミルクはラチャ羊やカランサナ羊といった土地の羊の乳のみ、凝固剤は小羊レンネットを使うなど、厳しい規定のなか造られています。

このスモーク香は、かつて台所の煙で自然に燻製されたのがきっかけと言われており、現在はサクラやブナのチップを使って裏表24時間ずつ、計48時間燻製させています。

動物性の凝固剤を使用することで洗われる野性的な酸味と緑豊かなバスク地方で育つ羊たちの濃厚なミルク、そしてスモーク光がシェリーや濃厚な赤ワイン、ブランデー・ウイスキーなど様々なお酒と相性がいいです。また、ハチミツをつけて食べても独特な酸味が和らぎミルクの甘味を引き立たせます。色々とアレンジをしてみたくなる個性豊かなチーズなのです。


テイクアウト 1120円/100g

イートイン  350円/ 一皿

価格は税込みです

オベハ・アル・ロメオ

P1050026
スペイン・カスティーリャ=ラ=マンチャ州 羊乳製
ローズマリーに覆われた爽やかなハーブ香漂うミルク感たっぷりのチーズ
タイプ:

ハードチーズ

「オベハ=羊乳」「ロメロ=ローズマリー」という名のチーズ

スペインの南、荒涼とした大地広がるラ・マンチャ地方では、冬から秋にかけて豊かな牧草が育ちます。そこでは、たくさんのマンチェガ種の羊が飼われており、その羊たちのミルクから作られた風味豊かなチーズ「マンチェゴ」は、スペインを代表するチーズとなっています。

しかし、「オベハ・アル・ロメロ」は出来上がったチーズをローズマリーで覆い3ヶ月ほど熟成させます。そうすることでローズマリーの爽やかな香りがチーズの内部まで浸透し、ミルクの甘味をしっかり感じながらも軽やかで清々しい後味になっています。

スペインの白ワインはもちろんのこと、軽めの赤ワインや、「シェリーフィノ」、「マンサニージャ」などにも非常によく合います。


   テイクアウト 1250円/100g
イートイン  400円/ 一皿
価格は税込み価格です

ウ・ベル・フィゥリツ

P1040999
フランス・コルス圏 羊乳製
羊乳製の珍しいウォッシュチーズです。

かのナポレオンが島流しになった地

なんとも発音しにくい名前のチーズですが、このチーズが作られているのが、かのナポレオンが島流しされた地で有名なコルス(コルシカ)島です。険しい山々が連なる島のため山羊や羊が多く飼われているのですが、その中でも珍しい羊乳製のウォッシュです。

羊乳の濃厚なミルクの甘味とウォッシュ製法による独特な風味が相まって、口中にずっと、まったりとした旨みの余韻が残ります。これはワインが進みます。

果実味豊かな赤ワインなどが合います。できるなら、コルス島産の赤ワインと合わせて…


テイクアウト 1650円/100g

イートイン  500円/ 一皿

価格は税込みです

ペルシェ・ド・ティーニュ

P1050064
フランス・ローヌ=アルプ圏 山羊乳製
アルプスの雄大な自然の中にあり、スキーリゾート地としても有名!

熟成したものは白ワインよりむしろ赤ワインが似合う

アルプス山脈のダイナミックな自然の中で豊かな牧草を食んだ山羊のミルクから造られます。濃厚なミルクの甘味とほんのりとハーブや花、ナッツなど様々な風味が口中に広がります。
今回、納品されているものは水分がだいぶ抜けており、身が締まっています。よりナッツの風味が強く、白ワインよりも、むしろ赤ワイン。特にブルゴーニュの赤ワインに合わせたくなる味わいとなっています。
ほんの少量でもワインを1.2杯はするりと飲めてしまいますよ!

シェーブル好きな方は、是非一度ご賞味くださいませ。


テイクアウト 1500円/100g
イートイン  500円/ 一皿

価格は税込みです

 

サン・ドムナン

P1050037

 フランス・プロヴァンス=アルプ=コートダジュール圏 乳種:山羊乳製

 

ラベンダーが可愛らしいプレゼントにぴったりのチーズ!

まさに初夏にふさわしい爽やかなチーズ。南仏・プロヴァンスの青々とした草花を食んだ山羊たちのミルクは甘みたっぷりのやさしい味わいです。

名前はこの地にあるキリスト教の礼拝堂の名前から、名付けられました。
作り手のドンノー一家がその地で育ったラベンダーをあしらった四角形の可愛らしいチーズです。

質感は表皮に近い部分はほんのりとろけていて、中心部はまだ芯が残っています。一口口に入れる、まったりとしたミルクの甘みが口の粘膜に広がり、中心部のまだ身が締まっている部分からは、やさしい酸味と山羊乳の草原を思わせる爽やかな草花の香り、そしてほのかにラベンダーの香りが余韻に残ります。
夏の暑い季節には、ぴったりのチーズです。

 


テイクアウト 3000円/ 個
イートイン 500円/一皿

価格は税込みです

1/2、1/4カット承ります

 

コンテ 8カ月熟成

チーズ画像
フランス・フランシュ=コンテ圏 乳種:牛乳
フランスで最も消費され、愛されているチーズです!

そのまま食べてもよし、料理に使ってもよし!

このチーズの造られる地域はスイスと国境を接するアルプス山脈の麓です。自然豊かな野原で育つ栄養価の高い牧草を食んだ牛から出てくるミルクは非常に濃厚で風味に富んでいます。そんなミルクを約530Lでようやく35kgの一つのコンテチーズが出来上がります。

熟成が進むごとに身は締まり、どんどん濃厚な味わいになっていきます。中には36ヶ月熟成というものもあります。そこまで熟成したコンテはアミノ酸の結晶が至るところに現れ、旨みが凝縮されています。

この8ヶ月熟成に関しては、非常にミルキィでしっとりとしていて、口の中にまったりとミルクの甘味とナッツや白い花のようなやさしい香りが余韻に残ります。熱によく溶けるのでグラタンやフォンデュなのどにもお使いいただけます。

カゼウスでは、このコンテを100%使用したチーズフォンデュもご提供しております。

IMG_3708-480x360


テイクアウト 680円/100g
イートイン 350円/ 一皿

価格は税込みです

ミモレット 6カ月熟成

フランス ・ノール=パ=ド=カレ圏 乳種:牛乳製
日本ではお馴染みのミモレット!植物性の色素「アナトー」で鮮やかなオレンジ色に色付けられているのが特徴的です。
タイプ:

ハードチーズ

日本酒のとのマリアージュの定番!

熟成するとカラスミのような味わいになることから、日本酒との相性の良さを日本では一昔前から言われています。この時に合わせる日本酒は辛口のしっかり目の味のものがおすすめです。ただし、この場合は熟成が12ヶ月や18ヶ月またそれ以上の熟成のものを指していることが多いです。

この6ヶ月熟成のミモレットは、しっとりとた質感で濃厚なミルクの味がまったりと口中に広がります。薄くスライスしてサラダに載せても絶品です。

粉末にして、調味料として使うこともおすすめです!

カゼウスでも、ミモレットのサラダとしてご提供しております。


テイクアウト 630円/100g
イートイン 350円/ 一皿
価格は税込みです