スティルトン

イギリス・ノッティンガム州 乳種:牛乳

世界三大ブルーチーズの一つ「スティルトン」!!

世界3大ブルーチーズのひとつ。英国の生んだ傑作「スティルトン」。

18世紀初頭、スティルトンの町はロンドンからヨークへ向かうおもな中継地点でした。スティルトンで旅館ベル・インで営むクーパー・ソーンヒルが、近隣のレスターシャーの街メルトン・モーブレイで作られていたソフトタイプのブルーチーズを客に出すようようになったのが、スティルトンの誕生のきっかけとされています。

また、1727年書かれた「Tourthrough  England and Wales」という本の中で、その美味しさを紹介したことがきっかけで知られるようになりました。

黄味がかった生地に、パセリの様な青かびがきれいに広がっています。出来たてのチーズ“カード”を一晩寝かせて熟成させるため、独特なホロホロとした食感と程よい酸味が生まれます。熟成の若いものはヨーグルトのような爽やかな酸味と甘味が感じられます。

熟成すると生地の色もより黄色みがかっていき、味わいもより濃厚でナッツのような香ばしい香りが漂います。

熟成の若いものは、コクのある白ワインやフルーティ赤ワインと。熟成したものはポートワインやウイスキー、極甘口ワインなどと相性が良くなります。


テイクアウト 700円/100g

イートイン   350円/一皿

価格は税込みです