フロマジェリー&チーズバル カゼウス通販ショップ

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

ルーセット・ド・サヴォワ

  • 白ワイン:フルーティ
  • 白ワイン:爽やか
  • フランス
  • 地域:サヴォワ
  • AOP
¥2,600 税込
商品コード: 白ワイン
数量
カートに追加しました。
カートへ進む

地元でほとんどが消費される珍しいサヴォワワイン!

国:フランス 地域:サヴォワ ブドウ品種アルテス

相性のいいチーズシェーブルチーズ 若い熟成のハードチーズ ホワイトチーズ(クリーミー)


配送料:関西・中部・中国・四国1100円、関東・信越・九州1200円、南東北1300円、北東北1400円、北海道・沖縄・離島1550円 


関連カテゴリ

フランス・サヴォワを代表する品種、「アルテス」種を100%使用した、コクのある辛口白ワイン!

通常は地元で消費され国外に出ることはほとんど無い、アルテス(ルーセット)種。果実に厚みがあり、味わいにコクがあるので、特にチーズを使った料理全般に好相性です。

  • 洋梨と赤りんごの密と柑橘系の香り。まろやかかつクリアでのびやかな酸と舌触り。チーズなどクリーミーなお料理との相性が抜群!

フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエ

Philippe et Sylvain Ravie



 フィリップ・エ・シルヴァン・ラヴィエはサヴォワ県の県庁所在地であるシャンベリーの南、ミヤン(MYANS)村にある家族経営のワイナリーです。

お父さんのフィリップさん(栽培・醸造担当)、お母さんのクロディーヌさん(マーケティング担当)、息子のシルヴァンさん(栽培・醸造担当)の3人が中心となり、ワイン造りをしています。


この地区はクリューズ・ド・シャンベリーと呼ばれ、白葡萄のジャケール種やアルテス(ルーセット)種が多く栽培されています。同じクリューズ・ド・シャンベリーで造られるジャケールでも、シャンベリーに近いアプルモンとその南に位置するアビームとでは土壌が異なります。


アプルモン側は1248年のグラニエ山の大崩壊により、崩れた岩や石が堆積していて、石灰質中心となっており、畑には氷河が運んだ大きな岩があちこちに点在しています。アプルモンで栽培されるアルテス(ルーセット)種やジャケール種は火打ち石のような若干乾いたアロマを感じさせ、上品な酸とミネラルを含んだワインを造りだします。
アビーム側は氷河が時間をかけて岩などを削りとって堆積したモレーン土壌が中心で、みずみずしく辛口でキレのあるワインが造られます。


カテゴリ一覧